ホームページ - アジア - アフリカ - オーストラリア - ヨーロッパ - 北米 - 南アメリカ Facebook Twitter Google+  
MapsGuides

タイ - ガイドブック、ガイド、本

あなたがタイのための旅行ガイドをお探しですか?いいえガイドでは、すべての場所をカバーすることができます。しかし良いガイドは非常にあなたを助けることができます。ガイドがわかります:最高の場所は何ですか。そして、どのようにそこに着く。私たちはあなたに面白い本と重要な情報へのリンクを提供しています。そして、我々は近い将来にはより多くの情報を追加します。

検索

タイ - ガイドブック及び情報

旅行ガイドブックには、そのあなたの休暇の役に立つかもしれません。彼らが英語で表示されます。彼らは非常に良い価格のため販売されています。そして、あなたはどこからでも購入することができます。

タイ - あなたの旅行のためのより多くの情報

詳細情報へ-ここにはウェブのリンクがあります。あなたが旅行する前に、情報を知っている必要があります。

タイ - より多くのガイドブック

最も良い旅行

旅行者目的地

現在の多くの場所に行くことができます。組織された旅行で。しかし、あなたが知っている必要があります:最高の場所ですか。ここに私たちのお勧めです。
  • バンコク(ワットアルンの寺院 + グランドパレス + 古代都市野外博物館 + 近代的なセンター)
  • チェンマイ(ワットPhrathatドイステープ寺 + ゾウとキャンプ + 農場蝶と)
  • 美しいビーチとプーケット島
  • コサムイ.美しいビーチと島
  • アユタヤ(タイの古い首都)の歴史的な街
  • チェンライ(黄金の三角地帯へのゲートウェイ + 部族長い首と)
  • スコータイ(タイのかつての首都)の歴史的な街
  • 川の河岸に架かる橋 (Kwai)

他が言うもの

タイ王国(-おうこく)は、東南アジアにある王国。東にカンボジア、北にラオス、西にミャンマーとアンダマン海があり、南はタイランド湾とマレーシアである。国土はインドシナ半島の中央部とマレー半島の北部。かつては諸外国から、Siam と呼ばれていた。この Siam と言う語は古くポーナガルのチャム語碑文(1050年)、パガンのビルマ語碑文(1120年)、アンコールワットの刻文(12世紀頃)などに見える Syām という語に原型を見ることができる。歴史学者・言語学者のチット・プーミサックはその著書『タイ族の歴史』でこの語がビルマのシャン族のシャン、インドのアッサムやアホム族のアホムの語源になったとしている。西洋においては Siam とはポルトガル語の Sião, Syão から来た語とされる。また、1592年ジェームス・ランカスターが最初に Siam と言う語を用いたとされる[3]。この Siam が正式な国号となるのは1855年、英タイ間でボーリング条約が締結された時であった[3]。日本においては『明史』巻三百二十四に見える、暹という国と羅斛という国が合併し暹羅斛となった国名を省略して暹羅と記しているのを用いタイを呼ぶ国名とした。なお、暹という国はスコータイ、羅斛はラウォー(ロッブリー)とするのが従来定説であったが[4]、『大徳南海誌』の「諸蕃国」に見える一文「暹国管上水速孤底」と言う記述があることを理由に山本達郎は暹とはアユタヤではないかとする見解を発表した[5]。なお暹羅の読みであるが1712年刊行の『和漢三才図会』ではこの語にしゃむろ、シヱンロウという読みを与えている。しかし、明治期以降シャムの読みが定着した。
Wikipedia
©MapsGuides.com 2008 - 2018
Publisher: Bispiral, s.r.o. | 隐私政策和网站规则